※このページではアフィリエイト広告を紹介しています。

「転職活動がめんどくさい」と感じた時の解決方法【完全版】転職成功の秘訣

転職・退職関連
悩める社会人
悩める社会人

「転職活動がめんどくさくて始められない。でも、今の会社にずっといるのも将来が心配」

「めんどくさい転職活動をスムーズに済ませる方法はないの?」

というお悩みにお答えします。

本記事の内容

  • 転職活動がめんどくさい理由9つ
  • 転職活動がめんどくさい時の解決方法5選
  • 転職エージェントを利用すると転職活動が楽に理由

この記事を書いた人

  • 私も4回の転職を経験し、年収が180万円から650万円へアップ。
  • ブラック職場から毎日定時退社のホワイト職場へ転職できました。
  • 「働く場所を変えると人生を変えられる」という信念をブラック職場で疲労している人達にお伝えしています。

今回の記事ではグズな人でもめんどくさい転職活動を成功する方法についてお伝えします。

結論、転職活動がめんどくさいと感じる人ほど、転職エージェントを使えば転職できます。

なぜなら、転職エージェントを利用することでめんどくさいと感じる作業が大幅に減らすことができるからです。

また人の目があることで、めんどくさい作業でも行動に移しやすくなります。

人は働く場所を変えるだけで人生が変わります。是非、本記事を読んで転職を成功させて下さい。

毎日残業で安月給なブラックな職場から毎日定時退社のホワイト職場へ転職できれば今より趣味が沢山できて人生がもっと楽しくなり、充実した毎日が送れるようになりますよ。

転職活動がめんどくさい理由9つ

今の職場を辞めたいと感じていても、「転職活動を始めるのがめんどくさい。」と思うと結局なかなか転職できませんよね。

しかし、どんな原因で転職活動がめんどくさいのかが分かると対策を立てやすくなります。

そこでこの章ではなぜ転職活動がめんどくさく感じるのかの原因についてお伝えします。

転職活動がめんどくさく感じる原因

  • 転職活動のための書類の準備
  • 各企業ごとに合わせた志望動機や自己PRを考えないといけないこと
  • 求人探し
  • 証明写真や面接でのスーツを準備する
  • 転職活動が初めてで手順がよく分からないから
  • 退職を伝えることや引き継ぎ作業がめんどくさい
  • プライベートの時間を削りたくないから
  • 新しい職場に慣れることが大変に感じるから
  • 人生のライフイベントの中でも転職はストレス度が高い

1つずつお伝えします。

転職活動のための書類の準備

転職活動で必要な書類は

  • 履歴書
  • 職務経歴書

などの応募書類があります。

これらの書類は今までの経歴・実績・スキル・資格など様々な点についてひとつずつ確認しながら記入しなければならないので手間がかかります。

履歴書なんて以前のものを取っておければまだ良いですが、いちいち初めから何年にどこの学校を卒業したかなんて調べて書くのは結構めんどくさいですよね。

書類の準備も転職活動がめんどくさいと感じる点です。

各企業ごとに合わせた志望動機や自己PRを考えること

自分の希望に合った職場を探すために何社かを検討していくことになりますが、

この時に各会社に合わせて志望動機や自己PRを調整する必要があります。

その為にも自己分析、企業研究がかかせません。

これらを調べることも、転職活動がめんどくさく感じる点です。

求人探しがめんどくさい

求人探しをする上で必要になるのは、【自己分析】です。

  • どういった仕事がしたいのか?
  • 現在の職場の何が不満なのか?
  • 給料、人間関係、将来性、ワークライフバランスなどどの優先順位

などを考えてから、求人探しをする必要があります。

なぜなら、自分に合う会社をどんな基準で選べばいいかを決めてから求人探しをしないと、また不満な会社に転職してしまうかもしれないからです。

転職活動での自己分析の方法については以下の記事を参考にしてみて下さい。

証明写真や面接のスーツを準備するのがめんどくさい

日頃、仕事でスーツを着用しない人にはスーツをわざわざ準備するのもめんどくさく感じます。

証明写真や面接の時にはスーツを使用しなければなりません。

購入するにしても、クリーニングに出すにしても手間がかかり、めんどくさいです。

転職活動が初めてで手順がよく分からないから

何かを始める時は全体像が分からないから、なかなか始めれない事がよくありますよね。

単純に知らないものを始めるのはめんどくさく感じる人がとても多いです。

ちなみに転職活動の大まか流れとしては

転職活動の流れ
  1. 自己分析を行い、優先順位を決める
  2. 求人探し
  3. 履歴書・職務経歴書の作成
  4. 書類選考応募
  5. 面接(複数回)
  6. 内定

といった流れになります。

この内定までの手順は転職エージェントに登録することで大幅にショートカットすることができます。詳しくは後述します。

退職を伝えることや引き継ぎ作業がめんどくさい

上手く転職できても、上司に退職を伝えることや退職が決まってからの引き継ぎ作業もめんどくさく感じる人も多いと思います。

退職を伝えることは勇気がいりますし、引き止められないかと想像するとめんどくさく感じます。

どうしても退職が告げられない場合は退職代行を利用するのも1つの手です。

おすすめな退職代行をお伝えします。

退職代行ネルサポ

労働組合が運営する退職代行。労働組合が運営している会社なので会社との直接交渉が可能です。

また弁護士が運営しているので弁護士法違反の可能性もなく、安心して退職可能です。

労働組合が運営しているのに業界最安水準の2万2千円で利用できます。

プライベートの時間を削りたくないから

ただでさえ仕事が終わってからのプライベートの時間は自分の好きなことをしたり、体を休めたいところ。

それなのに応募書類を作成したり、休日に面接をしたりすることはとてもめんどくさく感じてしまいます。

新しい職場に慣れることが大変に感じるから

新卒での就職であれば新人からのスタートでも気になりませんが、転職すると年下の人に色々と気遣いをしながら仕事を覚えていかないといけない場合があり、面倒に感じます。

また、人間関係についてもいちから関係作りをしていかないといけないのでめんどくさく感じます。

人生のライフイベントの中でも転職はストレス度が高い

実は転職はライフイベントの中でも、ストレス度は高い方なのが研究で述べられています。

アメリカ・ワシントン大学のホームズ氏が1968年に開発した「社会的再評価対応尺度」を利用して、日本人1,630人に調査した結果は表を見て分かる通りにストレス度の高いイベントと並んでいます。

1位配偶者の死
2位会社の倒産
3位親族の死
4位離婚
5位夫婦の別居
6位会社を変わる
7位自分の病気やケガ
8位多忙による心身の疲労
9位300万以上の借金
10位仕事上のミス
11位転職
12位単身赴任
13位左遷
14位家族の健康や行動の大きな変化
15位会社の建て直し

出典:HEART QUAKE

いいかげんな転職活動をした時のリスク

転職活動がめんどくさくて、先延ばしたり、適当に調べて就職した場合には転職を失敗してしまうリスクを伴います。

この章では転職失敗のリスクについてお伝えします。

【いいかげんな転職活動の3つのリスク

  • スキルが身につかない会社に居続けるリスク
  • 好条件の転職先を逃してしまうリスク
  • 企業分析に手を抜いてしまった場合のリスク

1つずつお伝えします。

スキルが身につかない会社に居続けるリスク

転職活動を先延ばしにしていると、スキルが身につかない会社にいる場合はそれだけでスキルが身につく会社に転職した場合に比べ、何カ月も何年も時間を無駄にしてしまう可能性があります

しかも年齢が上がるほど、マネジメント経験やスキルなど求められるハードルが上がっていきます。

転職は少しでも早い年齢で動くことが大切です。

好条件の転職先を逃してしまうリスク

転職活動は大勢の人が同時に行っています。

その為、良い条件の求人が出た場合、すぐに埋まってしまう可能性が十分にあります。

転職をすぐに始めなくても、転職エージェントに登録して、求人を見ておくことも重要です。

企業分析に手を抜いてしまった場合のリスク

企業分析がめんどくさいからと企業分析をおろそかにすると、今よりブラックな会社に勤めることになりかねません。

もちろん、入社してみないと分からないこともありますが、リサーチをしておくことで避けられる点もたくさんあります。

企業分析を怠ることもいいかげんな転職活動をした時のリスクです。

転職活動がめんどくさい時の解決策5選

転職活動はたくさんのめんどくさい原因があります。

そんな中でも下記に挙げた解決策でめんどくさいから大幅に開放されるので参考にしてみて下さい。

【転職活動がめんどくさい時の解決策5選

  • 転職をする為の目的を明確にする
  • 期限を決める
  • まずは始めてしまうこと
  • 人を巻き込むことが大切
  • スモールステップ

1つずつお伝えします。

期限を決める

転職活動ではある程度、期限を決めて行うことも大切です。

なぜなら期限を決めずにいつか良い就職先が決まればいいなと漠然と考えていると、ダラダラと過ごしてしまい1年、2年とあっという間に時間が過ぎてしまいます。

ダラダラと過ごしていると、転職活動のやる気がどんどん無くなってしまい、そのうちブラックでも今の職場でいいかと思うようになってしまいます。

転職活動では1歳でも若い方が有利に働くことが多いです。

少しでも早く転職ができるように期限を決めて取り組んでいきましょう。

転職の期限を決めることで、逆算していつまでには開始しないといけないという期限が見えてくるので、まずは転職したい時期は明確に決めておきましょう。

まずは始めてしまうこと

今までも始めるまでは大変でも、始めてしまえば取り組めてしまう経験もある方も多いと思います。

始める前は転職活動がどんなものかがよく分からず、ただただめんどくさいと感じて行動できないことが多いです。

しかし、行動し始めてしまえば何とかなるものです。

特に初めの一歩として転職エージェントに登録してしまえば、あとは転職エージェントの担当者が進めていってくれるので、どんどん転職活動を進めていけます。

転職活動の大まかな流れについて以下の記事でも書いているので参考にしてみて下さい。

人を巻き込むことが大切

自分の中だけで漠然と「いつか転職できるといいなあ」と考えていても、転職しなくても誰かに怒られるわけでもありません。

しかし、身近な友人・家族に宣言したりすることで周りに「転職しないの?」と言われ始めるので、人目を気にして行動できるようになります。

また転職エージェントに登録することでもより良い効果が得られます。

なぜなら、転職エージェントに登録して「いつまでに転職したい」と伝えることで、転職エージェントも期限までに転職する後押しをする為に何かと連絡をくれるからです。

転職エージェントに登録する事でも転職活動がめんどくさくても、転職へ行動することができるようになります。

スモールステップ

どうしてもやる気が出ずに、行動できない場合、全部を一気にこなしてしまおうとすると余計にそのやることの多さにできなくなるものです。

やる気を少しでもおこす為には1日で行うハードルを下げ、転職サイトを見て、どんな求人があるかを確認するだけでもOK。

まずは動き出すことがとても重要です。

転職エージェントがおすすめな4つの理由

転職エージェントを利用すればめんどくさいと感じる部分を大幅に減らしてくれます。

転職エージェントを利用した時のメリット

  • 転職活動の作業量を大幅に減らしてくれる点
  • 面接、応募書類の対策をしてくれる
  • 他人の目がある為、続けていける
  • 自己分析ツールがある

1つずつお伝えします。

転職活動の作業量を大幅に減らしてくれる

めんどくさいと感じる転職活動を転職エージェントを利用することでめんどくさい作業を大幅に減らしてくれます。

主には

  • 自分に合った求人を自分の代わりに探してくれる。
  • 履歴書、職務経歴書などのフォーマットがあり、入力すればOK。
  • 企業との面接日の調整や内定後の条件交渉など代わりに行ってくれる。

などがあります。

自分1人で転職活動した場合にはこれらをすべて自分1人で行わなければならないので相当めんどくさいですよね。

でも、転職エージェントを利用すれば無料ですべてやってくれるんです。

かなり転職活動がしやすくなります。

面接、応募書類の対策をしてくれる

転職エージェントを利用しない場合は面接や応募書類などすべて1人で対策しなければなりません。

転職エージェントを利用すれば、面接の練習や企業に応じた応募書類の作成を手助けしてくれます。

他人の目がある為、続けていける

自分1人だと、「今日は疲れたからいいかな。」とやらずに1ヵ月位すぐに過ぎ

てしまうこともあります。

転職エージェントに登録した場合には1人で転職活動をしている場合と違い、

他人の目がある為、行動に移しやすい。

自己分析ツールがある

転職活動をする場合、次の職場をより良いものにする為、自己分析を行うことが大切。

自己分析をする中で転職先を決めていくための優先順位を決めていく必要があります。

これはなかなか時間のかかる作業ですが、転職エージェントでは自己分析をしてくれるツールもあり、めんどくさいを解消してくれます。

おすすめ転職エージェント

転職エージェント自体は転職活動のめんどくさいを大幅に軽減してくれますが、無料だからといって登録し過ぎても余計にめんどくさくなってしまうこともあります。

目安としては2~3社程度の登録にしておくことがポイント。

ただ、1社の登録は少なすぎます。

なぜなら転職エージェントに限らず、どんな会社でも担当者の当たり外れがあるからです。

担当者ガチャに振り回されないように複数の登録をしておきましょう。

ここでは特色ごとにおすすめな転職エージェントを3つずつお伝えします。

第二新卒、フリータ-専門の転職エージェント

第二新卒、フリーター向けエージェント

経験・学歴不問、第二新卒やフリーター向けの転職エージェントです。

対象となる方を絞ることでより専門的に就職を斡旋してくれる転職エージェント。

学歴や経歴に自信がなくても、アドバイザーがあなたに寄り添って就職までの手助けをしてくれます。

しかも、大手転職エージェントとは違い、1人1人に手厚くサポートしてくれることがポイント。

大手なら自分だけで判断しなければならないことも対象者を絞ったエージェントなら自己分析の手伝いや将来のキャリアプランまで一緒に立ててくれます。

転職に自信がないならここでおすすめする3つの転職エージェントで決まりです。

就職支援のJAIC(ジェイック)

【株式会社ジェイック】

対象年齢は18歳~35歳までOK。

就職経験なし、早期退職、大学中退。フリーター、ニートでもどんな状態の方でも問題なく、ジェイックでは受け入れてくれて、就職の斡旋をしてくれます。

全て無料で利用できます。求人は全て正社員求人。学歴ではなく、人柄重視の企業と面接できます。

就職成功率はなんと81.1%

利用はすべて無料!30秒で登録できます。

第二新卒エージェントneo

【第二新卒エージェントneo】

対象年齢は18歳~28歳。経歴・学歴不問でフリータや中卒の方でもOK。

1人あたり平均10時間の手厚いサポートが受けられます。履歴書の添削はもちろん、職務経歴書の作成も一緒に行ってくれます。

どんな仕事に向いているかが分からないと悩んでいる方にも面談しながら一緒にキャリアプランを立ててくれるので安心。

利用はすべて無料!30秒で登録できます。

マイナビジョブ20

【マイナビジョブ20’s】

対象年齢は20代。大手転職エージェントの株式会社マイナビワークスが運営。

20代の転職を熟知したキャリアアドバイザーが転職をフルサポートしてくれます。

書類添削・面接対策、内定後の条件交渉までしてくれます。

利用はすべて無料!利用者数は累計32万人突破。

IT向けエージェント

転職希望者
転職希望者

「手に職をつけたい」

「将来性がある仕事につきたい」

と考えている人はIT業界への転職もありです。

なぜならIT業界もこれからも成長産業であり、またIT業界は第四のインフラと呼ばれており、生活にかかせないものになっています。

将来的にも長期に安定している業界です。

おすすめなIT業界専門の転職エージェントをご紹介します。

【レバテックキャリア】

対象はIT/WEB系エンジニアの経験者。20代後半~40代前半の方。

IT・WEB系エンジニア特化の転職エージェントエンジニアが利用したい転職エージェント№1にも選ばれています。

アドバイザーが高い専門性を有している為、利用者の95%の方が「自分1人では得られない情報が得られた」との回答をされています。

30秒で簡単登録。利用は無料!

対象は10代~40代の男女が中心。働きながら副業を目指す方。今後フリーランスとして働きたい方。スキルを習得して、転職/就職を目指す方。

自宅で学べるオンラインセミナーが充実。初心者の方が9割以上なので挫折せずに学べます。

現在の仕事に将来性がないけど、未経験だからITエンジニアを目指せないと考えている方にはピッタリです。

ネットビジョンアカデミー

【ネットビジョンアカデミー】

ネットビジョンアカデミーは資格取得、就職支援など無料で利用できます。未経験から最短2ヶ月でエンジニアに就職できます。

受講料・テキスト代も完全無料!未経験、お金がなくても安心して始められます。

不安があるならまずは無料カウンセリングから。

資格取得から就職まですべて無料で利用できます!未経験からも安心できる徹底講義

大手転職エージェント

大手転職エージェントのおすすめポイントはやはり求人数が多いことです。

求人数が多いのであなたが希望する求人も必ずあります。

また、大手転職エージェントは会員登録数も多いので、採用する企業からも魅力的です。

だからこそ中規模転職エージェントにはないような非公開求人も多数あります。

多くのチャンスが欲しい方には大手転職エージェントがおすすめです。

【doda】

安心して使える大手転職エージェントです。

dodaの特徴としては、1つのアカウントで「転職エージェント」と「転職サイト」が使えて便利です。

また、「年収査定」機能を使用すると約186万人のビックデータから自分の想定年収を算出することが可能です。

無料で利用できます。自己分析から面接対策まできめの細かいサービスで転職初心者におすすめ!

#NAME?

【マイナビエージェント】

人材業界大手のマイナビが運営する転職エージェント。20代~30代の比較的若年層の転職に強みを持っています。

求人情報が豊富で、「転職お役立ち情報」というコラムページがあります。

利用は無料!3分で登録できます。

【リクルートエージェント】

転職エージェントの最大手の会社です。

公開・非公開求人ともに圧倒的な求人数です。すべての業界に精通しているので登録して
間違いはありません。

年間で40万人の転職を支援しており、業界随一です。

おすすめ退職代行

転職したいけど、

悩める会社員
悩める会社員

「上司が怖くてなかなか退職を言い出せない」

「ブラックな会社だけど、入ったばかりで退職をいいだせない」

という方には転職のタイミングを逃さない為にも退職代行をおすすめしています。

退職代行を利用することで、電話した翌日から会社に行かなくてよくなります。

辛い職場なら退職して、あたなに合った職場への転職があなたの人生を変えてくれます。

まずは無料で相談できるので退職代行に相談してみて下さい。

おすすめ退職代行

退職代行J-NEXTの評判、メリット・デメリットなどは下記の記事を見てみて下さい。

退職代行ネルサポの評判、メリット・デメリットなどは下記の記事を見てみて下さい。

まとめ

「転職活動がめんどくさくて、なかなか転職できない」という方に対して、

転職活堂がめんどくさくても転職成功できる方法についてお伝えしました。

まとめでは要点をお伝えしますので、おさらいがてら見てみて下さい。

【転職活動がめんどくさい理由9選】

  • 転職活動のための書類の準備がめんどくさい
  • 各企業ごとに志望動機、自己PRを考えるのがめんどくさい
  • 求人探しがめんどくさい
  • 証明写真や面接のスーツを準備するのがめんどくさい
  • 転職活動が初めてで手順がよく分からないから
  • 退職を伝えることや引き継ぎ作業がめんどくさい
  • プライベートの時間を削りたくないから
  • 新しい職場に慣れることが大変に感じるから
  • 人生のライフイベントの中でも転職はストレス度が高い

【いいかげんな転職活動をした時のリスク】

  • スキルが身につかない会社に居続けるリスク
  • 好条件の転職先を逃してしまうリスク
  • 企業分析に手を抜いてしまった場合のリスク

【転職活動がめんどくさい時の解決策5選】

  • 転職をする為の目的を明確にする
  • 期限を決める
  • まずは始めてしまうこと
  • 人を巻き込むことが大切
  • スモールステップ

【転職エージェントがおすすめな理由】

  • 転職活動の作業量を大幅に減らしてくれる
  • 面接、応募書類の対策をしてくれる
  • 他人の目がある為、続けていける
  • 自己分析ツールがある
第二新卒、フリータ-専門の転職エージェント

ここまで読んでくれたあなたが無事により良い転職ができることをお祈りいたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました