※このページではアフィリエイト広告を紹介しています。

見切りをつけた方がいい会社の特徴9つ。転職のタイミングを簡単解説!

転職・退職関連
悩める会社員
悩める会社員

「今の会社を辞めたいけど、本当に辞めても大丈夫か悩んでいる。今の会社にずっといてもいいのかな?辞めて他に転職した方がいいのかな?」

「今よりもっといい会社があるなら教えて欲しい。転職したい。」

とお悩みの方にお答えします。

この記事を書いた人
  • 私も4回の転職を経験し、年収が180万円から650万円へアップ。
  • ブラック職場に見切りをつけて、ホワイト職場へ転職しました。
  • 「働く場所を変えると人生を変えられる」をブラックな職場で疲労している人達にお伝えしています

今回の結論、見切りをつけた方がいい会社はすぐに辞めて転職するのが大事。

なぜなら、人生で一番大事なものは時間だからです。

自分に合った会社なら

  • スキルアップや年収アップ
  • やりがいのある仕事、充実感
  • 自信がつき異性にモテる

など様々な良い時間の過ごし方ができます。

今回の記事内容
  • 見切りをつけた方がいい会社の特徴
  • 見切りをつけた方がいい会社に残るデメリット
  • 今よりもっといい会社で働く方法について

今回の記事を読んで実行してもらうことで、今の不満がたまる会社からもっとあなたにぴったりな充実した生活を送ることができる会社へと転職することができるようになります。

転職することであなたがあなたの人生の主役にきっとなれます。

会社からの引き留めが強い時には思い切って退職代行を頼むのも手です。
退職代行をよく知らない方には私のおすすめの退職代行をお伝えします。

退職代行即ヤメ
後払いができる退職代行なので、安心して依頼ができます。仕事を退職成功してから支払いができるので心配せずに依頼ができます。

¥20,000円でサクッと退職代行!退職スターターキット進呈中
退職代行J-NEXT。業界最安値クラス。リーズナブルに退職したい方にはとてもおすすめです。

退職110番
弁護士が運営している退職代行なので一番確実に退職できます。値段はお高めですが他の退職代行会社ではできない未払い請求、各種請求・交渉にも対応できます。

見切りをつけた方がいい会社の特徴9つ 

悩める会社員
悩める会社員

「転職したいと考えているけど自分が辞めたら周りの人に迷惑だし、どうしよう」

「他の会社を知らないから、今の会社は見切りをつけた方がいい会社なのかよく分からない。」

というお悩みの方に対して、見切りをつけた方がいい会社の特徴について代表的なものを9つ挙げました。

見切りをつけた方がいい会社の特徴9つ
  • まともな人が辞めていく
  • やりがいのない仕事が多い
  • 仕事の割り振りがおかしい
  • 職場の人間関係が悪い
  • 長時間労働のブラック職場
  • 常に人手不足になっている
  • 会社の上司をうらやましいと思わない
  • 会社・業界に将来性がない
  • コンサル業者が会社に介入している

1つずつ解説していきます。

まともな人が辞めていく

見切りをつけた方がいい会社ではまともな人はどんどん辞めていきます。

なぜなら、まともな人は在籍している会社が見切りをつけた方がいい会社なのか、残った方がいい会社なのかを理解できるからです。

今回の記事で挙げたような見切りをつけた方がいい会社の特徴を捉え、今の会社に残っても将来的に良いことがないと判断し、辞めていきます。

先輩・同期などまともな人だと思っている人達がどんどん辞めていくようなら見切りをつけるサインです。

やりがいのない仕事が多い

仕事をする上で「人間関係」は非常に重要です。

ただ、「やりがいがある仕事」であることも重要なポイント

やりがいがある仕事をしていれば、仕事をしていても時間が過ぎるのも早く、面白く感じる部分も多いと思います。

しかり「やりがいがない仕事」では時間も過ぎるのもとても遅く、つまらないと感じる瞬間もすごく多いと思います。

従業員だからといって、「やりがいのない仕事」ばかりを強制的に押し付けてくるような会社は見切りをつけた方がいい会社です。

仕事の割り振りがおかしい

悩める会社員
悩める会社員

「頑張っている自分に仕事を沢山こなさないといけない。他の人はもっと楽そうなのに」

「上司に訴えているのに、全く状況が変わらない」

という状況で「仕事の割り振りががおかしい。」と感じたら見切りとつけた方がいいタイミングです。

なぜなら、上司に仕事の割り振りがおかしい。と訴えても変わらない職場では、この先もずっと変わらないからです。

仕事量がずっとあなたにだけ多いままの職場で働いていても、あなたが肉体的にも・精神的にもどんどん疲労していくだけです。

職場の人間関係が悪い

1人職場でない限り、仕事をする上で人間関係の悩みはつきません。

良い人間関係が構築されている職場であれば良いですが、ずっと人間関係が悪い職場で働いているとあなたのストレスもどんどんと溜まっていきます。

転職する際の大きな原因の1つが「人間関係」

dodaが行った転職を決めた理由アンケート

第7位 「人間関係が悪い」

「人間関係が悪い」職場には早めに見切りをつけることをおすすめします。

参考:doda転職理由ランキング

長時間労働のブラック職場

見切りをつけた方がいい会社は常に人手不足。

業務を回すぎりぎりの人数で仕事をさせられることが多くあります。

ギリギリの人数で仕事を回していれば、社員一人一人の仕事量が多くなり、残業や時間外労働はどうしたって増えてしまいます。

筆者タカ
筆者タカ

会社で人件費は高いですから、ギリギリの人数で回してもらった方が会社は得ですから。

長期間、長時間労働の職場にいると環境に慣れてしまうことや、疲労から思考力が低下して辞めようとする気力さえなくなってきてしまいます。

元気の出ない慢性的な疲労感があるなど、会社に違和感を覚えた時が転職するタイミングです。

常に人手不足になっている

団塊の世代の人達が定年退職し、どの業界も人手不足になっている所が多くあります。

しかし、人手不足になっていない会社が多いことも事実です。

常に人手不足になっている会社は、長時間労働・業務過多になっている場合がほとんど

人手不足の職場を辞めることは「他の人に申し訳ない」と感じることもあるかと思います。

でも、職場の人達や会社があなたの人生の責任を取ってくれることはありません。

筆者タカ
筆者タカ

あなたがストレスで病気になったり、業務過多で事故にあっても「自己責任」なんです。

自分や家族を大切にするためにも、常に人手不足になっている会社には見切りをつけましょう。

会社の上司をうらやましいと思わない

あなたの会社での将来を考えたときに、見本となるのは先輩や上司です。

あたなが今の会社で頑張って出世したとき、将来的になるであろう立場があなたの先輩や上司の役職です。

あなたの先輩や上司はうらやましく感じることができるでしょうか?

もし、「うらやましくない。頑張って働いてもこの程度か」と感じるような職場なら見切りをつけた方がいい会社です。

うらやましい先輩・上司うらやましくない先輩・上司
・年収が爆上がりしている。
・いつも活動的で周囲へ気配りができる。
・綺麗な彼女がいる。家庭が円満。
・年収が現在の自分とほぼ変わらない。
・常に疲れていて、会社への不満が多い。
・いつも一人で寂しそうにしている。

会社・業界に将来性がない

現在、働いている会社の業界は伸びている産業でしょうか。もしくはこの先の将来性のない斜陽産業でしょうか?

皆さんがご存じの通り。Amazonが拡大した影響で、日本の半数以上の書店が倒産しました。

倒産しやすい業界でいくら頑張っても将来性はまったくありません。

会社に限らず、業界的に将来性がないと感じた場合には見切りをつけた方がいいタイミングです。

コンサル業者が会社に介入している。

会社がコンサル業者に依頼する場合は業績が悪化している場合がほとんどでないでしょうか。

ほとんどの場合、事業展開がスムーズにいき、業績もアップしていればわざわざコンサルに依頼することは少ないでしょう。困っているから頼むんです。

ですから、コンサル業者が出入りしていると感じた場合には、会社の業績が傾いているのではないかと考える理由の一つとしては十分です。

どうせ頑張るのであれば、負け始めている会社よりも勝ち馬に乗った方があなたの努力も圧倒的にむくわれます。

倒産する予兆のある会社には早めに見切りをつけるのもありです。

見切りをつけた方がいい会社に残っていることでのデメリット

見切りをつけた方がいい会社は残っていることでのデメリットもたくさんあります。代表的な3つのデメリットをお伝えします。

見切りをつけた方がいい会社に残るデメリット
  • うつ病になってしまう
  • つらい状況に慣れてしまう
  • 転職時期を見逃してしまう

ひとつずつお伝えします。

うつ病になってしまう

うつ病の症状
  • 長期間にわたり気持ちが落ち込んでいる。
  • なかなか気力が出ない。
  • 眠れない。

などの症状が出ていたら、うつ病の症状かもしれません。

以下のサイトで簡単なチェックテストも出来ます。
参考:うつ病ネット

見切りをつけた方がいい会社にずっといることでうつ病になってしまうかもしれません。

  • 休みが取れない
  • 残業が多すぎる
  • 人間関係が悪い

など見切りをつけた方がいい会社にみられる特徴です。そんな見切りをつけた方がいい会社に残っていると、うつ病になるリスクが高まります。

うつ病になり働けなくなる期間があると、自分自身の収入がなくなること。また家族の人生にも多大なる影響が出てしまいます。

これは病気になるかもしれないと感じたら早めに見切りをつけることが大切です。

つらい状況に慣れてしまう

学生時代から先生や親の言うことをしっかりと守ることができる真面目なタイプの方だと会社でどんなにつらい状況であっても頑張ろうと努力し、環境に慣れてしまうことがあります。

筆者タカ
筆者タカ

しかし、つらい環境に慣れたといっても、長時間労働の激務な会社にいては、いずれ体と精神に限界を迎えます。

そんな場合には第三者の目線として家族や友達に確認したり、無料で相談できる転職エージェントに頼るのもいいと思います。

とにかく自分だけで頑張りすぎずに人に頼ってみることも大切です。

転職時期を見逃してしまう

待遇の悪い会社であっても、徐々に環境に慣れてはきてしまうものです。

会社の内情を知って、なおかつ入社したいと思えるレベルでなくても時間が過ぎるにつれ慣れてきてしまいます。

環境に慣れてくることはもちろん悪いことばかりではありません。

しかし、ブラックな環境に慣れ、新しい会社に転職できないでいることは非常に問題です。

必ず転職するとは言わないまでも、一度、転職活動を行い、現在の会社のどこに問題があって、どんな会社に転職したいのかを考えてみることは大切です。

転職活動をしてみて、尚且つ会社に残るか、新しい会社に転職するかはあなた次第ですから。

会社に見切りをつけた体験談

私自身、4回の転職経験があります。もちろんすべてが見切りをつけた方がいい会社だったわけではありません。

しかし、一社目に関しては見切りをつけた方がいい会社でした。そんな会社に見切りをつけた時のお話をさせてもらいます。

私が見切りをつけた会社の特徴
  • 長時間労働だった(朝5時から夜8時まで)
  • パワハラ当たり前
  • 休みが月2~4回
  • 給料が低かった(手取り12万円)
  • 尊敬できる先輩がいなかった

今から思えが一社目で自分が若かったこともあり、続いていたと思いますが、今振り返ってみても辞めるべき会社であったと思います。

ただ、

元上司
元上司

「この仕事はこういうもんだ」

「若い時の苦労は買ってでもするんだ」

「石の上にも3年だ」

などの意見がはびこっており、自分もそんなものかと思いこまされていたんです。

今は当時と違い、情報はたくさんあります。正しい情報を得てあなたの人生にとって最良の選択ができるように活動してみてください。

会社に見切りをつけるべきベストタイミング

悩める会社員
悩める会社員

「見切りをつけた方をつけた方がいい会社は分かったけど、会社を辞めた方がいいベストタイミングってあるの?」

と退職時期に悩む方もいるかもしれません。

20代?30代?12月?3月?

基本的には会社を退職するベストタイミングは決まっていません。

あえて言うなら「今」です。

時期においてもコロナ自粛からの再開や、通常の年度末。景気の動向など様々な要因があります。

採用の需要に関しては様々な要因があり、いつがベストタイミングというのは難しいところ。

しかし、自分の退職するベストタイミングは「今」なんです。

見切りをつけた方がいい会社に残っても、将来性もなく、スキル・知識も積み上げることが難しい。

であれば、次の将来性ある会社でいち早く経験を積み上げていった方がいいんです。

会社に見切りをつける前に行うべき3つの準備

会社にみきりをつけて辞めるにしても、なんの準備もせずに辞めてしまっては次の会社も期待できません。

退職前に期待できる会社へ転職できるようにしっかりと準備しておくのがポイントです。

転職前の必用な3つの準備
  • 転職活動の準備を進める
  • 確実に退職できる理由を考えておく
  • 引き継ぎ対策をしておく

1つずつお伝えします。

転職活動の準備を進める

転職活動の大きな流れは以下の6ステップです

転職活動の6ステップ
  1. 転職活動の軸を決める
  2. 自己分析をする
  3. 求人を探す
  4. 履歴書、職務経歴書の作成、送付
  5. 面接
  6. 内定

転職活動は平均的に2~3か月程かかります。病気やパワハラなどの特別な理由がない限りは2、3か月は時間をかけて確実な転職活動をした方が転職が上手くいきます。

衝動的に辞めてしまうと次の会社を焦って決めてしまい良いことはあまりありません。

計画的に実行していくのがポイントです。

参考記事:「転職活動の進め方」

確実に退職できる理由を考えておく

いざ、転職の為に退職しよう。と考えていても、会社によっては強く引き留めてくる会社もあります。

そういう会社で退職を相談するような態度で臨んでしまうと会社の良いように引き留められてしまう可能性があります。

そんな時に備えて退職理由はしっかりと考えておくのがポイント!

もし、仮にない場合は

退職の理由
  • スキルアップの為、資格習得のためのスクールに通う。
  • 自分で起業するための準備をする
  • 親の介護
  • 体調不良

仮に問い詰められても、自分の都合の理由なのでいくらでも言いようはあります。

ポイントは会社への気づかいはしながらも、退職に関してはきちんと「退職する」。と伝えることです。

参考記事:会社に引き留められた時の退職方法

引き継ぎ対策をしておく

あなたが職場を退職する場合に上司が気にするのはあなたが仕事を辞めてから仕事がスムーズに回るのかどうかです。

ですから、引継ぎをしっかりとできるようにしておくことで、退職する際には無理な引き留めはなくスムーズに退職することができます。

きちんと仕事の流れや内容について申し送っておけば問題ありませんが、業務マニュアル等を作成しておくことで、退職後に連絡がくることもないのでおすすめです。

見切りをつけた方がいい会社から転職する時のおすすめ転職サービス

転職したいと考えた時にどういう方法で転職したら今より待遇が良くなるのかを分からない方も多いと思います。

私も以前そうでした。そんな時に利用したのが転職エージェントです。

なにせ転職エージェントは転職のプロです。

私たちがその道のプロであるように転職エージェントは転職のプロ。

転職もその道のプロである専門家にアドバイス貰えるのが一番良いんです。

まして転職エージェントは無料で利用できるので使わない手はありません。

私がおすすめする転職サービスを載せておきます。

おすすめ転職サービス

大学中退、中卒、高卒の就職なら、第二新卒エージェントneo
利用は全て無料。学歴も関係なし。就職のプロがあなたに合った仕事を見つけてくれます。
doda
業界大手、CMでもおなじみのDODA。安心感バツグンです。利用料金は全て無料。
リクナビNEXT『会員登録』キャンペーン
転職エージェントに登録するはハードルが高いと感じるなら毎週2.6万人以上が登録するリクナビNEXT。

よくある質問

Q
辞めない方がいい会社とは?
A

・人間関係が良好
・尊敬できる上司や先輩が辞めない
・やりがいのある仕事ができる
・明るい未来を想像できる

Q
退職金がない会社に勤めていますが、早めに見切りをつけた方がいいですか?
A

厚生労働省による「平成30年就労条件総合調査」では退職金制度のある会社は80.5%となっています。退職金がない方が少数派です。
また、退職金の金額は「勤続年数」「退職時の基本給」「退職理由」などをもとに決められることが多いため、退職金が欲しい場合、退職金のある会社に長く務める方が多くもらえるため、早めの転職がおすすめです。

Q
数か月で何人も辞める会社は見切りをつけた方がいい?
A

会社の規模にもよりますが、あまりにも退職者が多い場合、会社の雰囲気や待遇が悪い場合が多いです。見切りをつけた方がいい会社の特徴です。

まとめ

ここまで大事なことをお伝えしてきましたが、再度、要約してお伝えします。

見切りをつけた方がいい会社の特徴9個
  • まともな人が辞めていく
  • やりがいのない仕事が多い
  • 仕事の割り振りがおかしい
  • 職場の人間関係が悪い
  • 長時間労働のブラック職場
  • 常に人手不足になっている
  • 会社の上司をうらやましく感じない
  • 会社、業界に将来性がない
  • コンサル業者が会社に介入している
見切りをつけた方がいい会社に残っていることでのデメリット
  • うつ病になってしまう
  • つらい状況に慣れてしまう
  • 転職時期を見逃してしまう
会社に見切りをつける前に行うべき3つの準備
  • 転職活動の準備を進める
  • 確実に退職できる理由を考えておく
  • 引継ぎ対策をしておく
おすすめ転職サービス

大学中退、中卒、高卒の就職なら、第二新卒エージェントneo
利用は全て無料。学歴も関係なし。就職のプロがあなたに合った仕事を見つけてくれます。
doda
業界大手、CMでもおなじみのDODA。安心感バツグンです。利用料金は全て無料。
リクナビNEXT『会員登録』キャンペーン
転職エージェントに登録するはハードルが高いと感じるなら毎週2.6万人以上が登録するリクナビNEXT。

ここまで読んでくれてありがとうございます。転職が成功することをお祈りいたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました